バイクが動かない。 原因はバッテリー? でも何故?

スポンサーリンク


エンジンが掛からないけど!!

たまにはバイクに乗ってどこかに行こうかな
昨日、しばらく乗っていなかったバイクのホコリを払い
キーを差し込みエンジン点火して
「さあ出かけるぞ」と思った

が、バイクはうんともすんとも
一向にエンジンがかかる様子も見えない

キーを差し直し
セルスイッチをいくら押しても起動しない

いくら繰り返しても手応えが感じられず
「おいおい、どうしっちゃったのよ。」
バイクに行って見たが虚しいだけ

どうやらバッテリィーがあがってしまったようだ
実は今回が初めてではない

まだ寒かった春先に
バイクに跨りツーリングへと

でもその時はエンジンがかからず
取りやめにした経験があった

もしかしてバッテリー?

もともと私はメカに強い方ではない
だからバイクの構造はそれほど詳しくはないし

原因もエンジンがかからないのだから
電気系統の不具合ではと想像はした

一番に思いついたのは
やはりバッテリーのこと

セルモータは力なくだがはじめ動いた気配はあった
何回もしないうちに
反応はしなくなってしまった

なので、バッテリー以下の配線には不具合がないと想像できた
とはいっても素人考え

周りに相談できるようなバイクに詳しい友人もいない
仕方なく以前買ったメンテナンス本で調べる
やはり私の買った本でもバッテリーが怪しいようだ

やはり充電するしか方法はないのか。

当然もっと情報がないと安心できない
ネットでもいろいろ調べて見た

もしバッテリーなら充電すれば
エンジンはかかるはずだろうと思った

だが充電するにはどうすれば良いのか
家に充電器などあるはずもない
どう手当すれば充電器を手にすることができるのだろ

と考えていたがバッテリーとは別に
もう一つの情報があった

それは押しがけという方法
セルが働かなくなったとき

クラッチを切ってバイクと一緒に走り
勢いのついたところでバイクに飛び乗り
クラッチを繋ぎエンジンをかける

といったものである
これはシニアの私にとっては
かなりハードルの高い方法と言える

まず実現不可能

やったとしても最後に飛び乗ることが出来ずに
バイクだけ走り去るか

私が下敷きになって身動き取れなくなるのが
落ちであろう

だが最初からバイクに乗ったままなら
後ろから勢い良く押してもらったら
うまく行くかもしれないと

そのように思いつき家人に手伝ってもらうことに
人通りもなく車の往来のない道まで
バイクを押していき早速押しがけに挑戦

クラッチを切り思いっきり押してもらう
クラッチを繋ぐ
何度も繰り返したがエンジンはかからず

家人しても何度も走らされ
くたびれてしまったのだろう
最後には怒って帰ってしまった

結局押しがけは失敗に終わり
元の黙阿弥であった

やはり充電しかないのか
どこで充電してもらえるか

またネットで検索してみました
またそれと同時に充電器についても調べてみました

結局充電器、買ってしまった。

充電器っていくらくらいすると思います?
かなり高額な商品ではないかと思いませんか

私もかなり高額で
買ってもバッテリー原因でなかったりして役にたたなかったら
かなり無駄な出費になってしまうのではと

二の足を踏んでいました
ところが以外にもリーズナブル

もちろんそれなりの充電器は高いのですが
1000円台で買えてしまう充電器もあり

これならだめでも構わないかと

「小型軽量!!オートバイ 汎用 バイク用 車 カー バッテリー充電器
12V 1250mA 12Vバッテリー専用 簡易型充電器」

アマゾンで見つけた1050円の充電器を注文
翌日届いた充電器で一晩充電
翌日恐る恐るエンジンを始動させると

低い音を響かせて一発で起動
「やったーっ」
大興奮してバンザイを叫びたくなる

まさかこんな簡易な充電器
ここまで使えるとは
私にとってコストパフォーマンスは最高

色々試してみたがこんなに成果が
なんともいえない喜びがこみ上げてきました

あまりにも成功体験が乏しい私でしたが
一つの成功体験を得られたことは大きな自信にもなりました

バイクにホコリを被らせて置いたせいです。とほほ!

そんな経験の賜物か
今回はエンジンがかからなくても少しも慌てることはなかった

バッテリーの充電不足
充電器で充電してやればまたかかる

充分充電した後キーを差し込みエンジンスタート
いやエンジンかかりませんよ!

何度も何度もく返し起動
テスターで電圧を測ると
起動電圧に足りず

確か充電したときは充分電圧はあったはず
理由はわかりませんが

何度も起動を繰り返すうちにバッテリーは放電
それで電圧が下がってしまったのか

もう一度充電して
再度起動
低い唸りとともにエンジンは起動
一安心した

やはりバイクはホコリをかぶって眠らせておいては
バッテリーもあがってしまい
いざどこか行こうとした時こんな結果に

メンテナンスはともかくとして
バイクは乗ってあげないと臍を曲げて

バッテリーにいたずらをしてしまうようである
バイクは大切に、可愛がってあげましょうね
ちなみに私のバイクは
ホンダ VTR 250 です



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください