バイク公道デビューは危険がいっぱい。危うく衝突やあおられたり!

こんにちは、ユキオです。

二輪車に乗ってみて、公道は危険がいっぱいだと身をもって感じました。

車はバイクのことなど、あまり見ていないようです。

はじめてバイクに乗って公道に出たとき、そんなふうに思ってしまいました。

はじめて公道に出てわかったこと

私は自分でも車を運転しているので、普段から交差点などは気をつけて運転しているつもりです。
特に右折をする時は、対向車には気をつけます。

なぜなら対向車の後ろに、バイクや自転車が隠れていることが多いのです。
乗用車はその存在に気が付かなくて、スピードもゆるめずに交差点に進入してきます。

バイク側がいくら気を付けていても、対向車が徐行してくなければなにもなりません。
乗用車は早く交差点を通過してしまおうと、車のスピードを緩めてはくれません。

私も乗用車を運転していた時は、そのような傾向があったかもしれませんね。
だからバイクで交差点を通過するとき、もしも前方に右折車がいたら気を付けましょう。
慎重になりすぎるくらい対向車の動静に、注意して通過しないと危険ですよ。

対向車は二輪車のことなど見てはいない

ここで私が経験した、危険な体験話をします。
免許取りたてのある日、私が幹線道路を走っていたときのことでした。

道路はそれほど混んでいない、非常に見晴らしの良い交差点でした。
私はその交差点を直進するため、普通の速度で交差点を通過しようとしていました。

そのとき前方に右折しようとしている車がありました。
すぐ目の前のことですから、当然一時停止して待っていてくれるものと考えていました。

ところが何を思ったのか、前方の右折車は、突然スピードをあげ交差点に侵入してきました。
私ほうは、まだ免許取りたての新米ライダーです。

運良くとっさにブレーキをかけることが出来、衝突の難は避けることが出来ました。
もし追突していたら、本当に絵に描いたような事故事例でした。

右折車に乗っていたのはおじいさん(?)のようでした。
私の方は動顛してしまい、フォーンさえ鳴らせずに呆然としていました。
当のおじいさんの方は、何もなかったかのように走り去って行きました。

私としてもシニアの身です。歳のことは言いたくありません。
私も車を運転する時、同じようなことをしないよう自分への戒めとしました。

車の安全講習でもよく言われているように、二輪車は思っているよりも早いものです。
自分で二輪車を運転するようになり実感として分かりました。

自分の身は、自分で守らなくてはいけない

もう一つ同じような体験です。
こちらは市道の、それほど交通量も多くないT字路信号での事でした。

信号は青で直進していたところ、まさかの対向車がいきなり右折してきました。
そんなに広い道でもなくスピードも出てはいませんでした。

目の前に右折車がいることは、こちらからも充分わかっていたくらいです。
相手も当然見えていた筈ですすよね。

しかし対向車は、平然と侵入して右折して行ってしました。
相手の運転者は全くこちらを見ていなかったようです。

私が急ブレーキを掛けて、対向車の目の前に止まったにもかかわらずでした。
当の女性ドライバーは、何の反応も示さず立ち去ってしまいました。

今でも目の前を通り過ぎて行った、中年の女性も顔ははっきり覚えています。
目の前にいたのですが、おそらくこちらの二輪車には、気が付かなかったのだろうと思っています。

このように自動車を運転していて、対向車が自動車なら気が付いても二輪車の場合は認知されないようです。
ですから二輪車に乗っているときは、自分の身は自分で守るくらいの気持ちが必要なんですね。

二輪車の運転にも慣れて、ある程度の余裕を持てるようになればです。
交差点通過の際にも相手の車がどのような動きをするのか、予測もつけられるでしょう。

しかし私のように新米ライダーは、教習所でいくら習っていたことは言え。
本当に絵に書いたような事例で、予期していない直前の右折など適切な判断が出来るはずはありません。

新米ライダーのうちは交差点で対向車がいたら、相手を信用することなく確実安全に通過するように心がけましょう

二輪車は、あおられこんなことにも遭うことがあります


それにもう一つ。
これは交差点ではありませんが、走行中にあおられ怖い目にあった話です。

やはり交通量の少ない市道を走っていたときのことです。
対抗車もなく私は法定速度程度で走っていました。

バックミラーを見て、後方に乗用車がいたことは確認できていました。
それもかなり後方にいたので、安心して走っていたときでした。

私のすぐ横をいきなり、猛スピードで追い抜いていく車が目に入りました。
そしてすぐ目の前に割り込んで来ました。
割り込んだと思ったら、そのまま猛スピードで去っていきました。

もちろん後方に迫っていたことなど、追い抜かれる寸前まで気が付きませんでした。
追い抜かれる寸前にミラーに映ったのを、一瞬確認できただけでした。
いきなり抜き去られ、バランスを崩し危うく転倒しそうになりしまいました。

このときの私は、特にゆっくりとした速度で走行していたわけではありませんでした。
むしろ直線道路でしたのでそれなりの速度で走っていました。

ですから追い越しを掛けられような状態ではありませんでした。
それでも乗用車は、猛スピードで追い越していってしまいました。

抜き去っていった車は、特にそっち系の車ではありませんでした。
むしろ何処にでもあるような普通の車でした。

今思えば商用バンであったような気もします。
自分では気づかないうちに、いらつかせる運転をしてしまっていたのかは分かりません。

新米ライダーのうちは四方八方にアンテナを立て、安全にバイクライフを楽しんでいきましょう。

これが私が新米ライダーだった頃、実際に遭遇したことです。
考えたくはありませんが、相手のことは信用せずに運転した方がよさそうですね。
交通法規などお構いなしに運転しているんだなと、思うくらいでちょうど良いと思います。

新米ライダーを卒業して、ライダーの仲間入り。
安全運転に必要なライディングテクニックを身に着けよう。
👇
1日3分の練習で変わる9日間ライテク上達法

サラリーマンにも副業が必要な時代です!
主婦の方だって、すきま時間を活用してお小遣いを稼げますよ。
わたしもこのブログでお小遣いを稼いでいます。

ブログは資金なし、リスクなしで始められるビジネスです
しかしブログで稼ぐには基本が大切です
まだ稼いでない人やこれから始める人は無料でスタート!

わたしも初めはこちらで、無料で基本から始め稼げるようになりました。
今なら特典の無料プレゼントもありリスクなく始められます。

⇒ ⇒ ⇒ 今すぐ無料登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください