ただコーヒを飲むためにバイクで走る。コーヒーツーって何が面白いの。

こんにちはウキウキです。
コーヒーツーリングに行きませんか?
心も体もリフレッシュできますよ。
一度行ったらあなたも病み付きになるかも知れませんよ。

コーヒーツーリングとは

読んで字のごとく、ただコーヒーを飲みに行くツーリングのことです。
コーヒーを飲みに行くと言っても、コーヒーショップに行くとか
何処かのお店に行って、コーヒーを味わうということではありません。

バイクでツーリングに行き、そこでコーヒーを飲む
ただそれだけのツーリングのことです。

コーヒーツーの楽しみ方は

そんなことが面白いの、と聞かれても個人の嗜好ですから
なんとも答えに窮するところです。

でもコーヒーツーリングと
一つのツーリングのジャンル(?)になるくらいですから
面白いと思ってツーリングに出る人が多いと思います。

もちろん私も面白いと思っている中の一人です。

楽しみ方の一つにはどんなコーヒーを飲むのか
インスタンコーヒーでも別に構わないと思いますし
豆を引いて飲むコーヒーはまた格別かも知れません。

もちろん自販機で買ってきた、缶コーヒーでも良いかも知れませんね
しかしコーヒーツーの魅力は自分で入れたコーヒーを味わう
と、いうことが多くのライダー達の最大の楽しみになっているようです。

私も同様にコーヒーを入れて楽しんでいます。

コーヒーの入れ方にこだわる?

それではどのようにしてコーヒーを入れて飲むか
こだわりを持っている人は豆を持ってきて
その場で、コーヒーミルで豆を引きそれをドリップして飲みます。

私は市販のコーヒーのドリップパックを持ってきて飲んでいます。

そのためには、お湯を沸かさなければいけません。
なので人それぞれお好みのコンロ類を持ってやってきます。

今はキャンプ用品も色々とあって
手頃な価格でも良いものがたくさんあります。

しかしバイクでツーリングしてくるわけですから
なるたけコンパクトのもの、ということになりますよね。

私はイワタニ CBJCB ジュニアコンパクトバーナー [カセットガスバーナー] というコンパクトなガスコンロを買ってコーヒーツーには利用しています。

もちろん火を炊いても大丈夫なところであれば
まきを燃やしてコーヒーを沸かすということも出来ますね。

私はガスコンロの他にも、自作でアルコールストーブを作って利用することもあります。

アルコールストーブはアルミ缶で簡単に制作できますので
機会があればまた紹介したいと思います。

コーヒーツーに適している場所

コーヒーツーと行ってもツーリングです。
やはり景色の良い所に行ってコーヒーを味わう。
これに尽きると思います。

海辺を走っていたら、美しい砂浜を見つけた。
そしたらそこでお湯を沸かしコーヒーを煎れる。

磯遊びの出来るようなところでもあれば、
海を眺めながら飲むコーヒーは格別ではありませんか。

また山道を走っていると思いがけずに
岩清水や湧き水に出会うことがあります。

もちろん前もって調べておいた山の湧き水を求めて走り
その湧き水や岩清水で飲むコーヒーは
あなたにとって特別な一杯になりますよね。

山の中の渓流やダムのほとりで
ゆったりとした時間の流れを感じながら

水の音を感じ、小鳥のさえずりの中で味わうコーヒーは
日常の煩わしさから離れ
癒やされた一時になると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
あなたのツーリングのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください