モトブログとは、一度見たら病みつきに。バイク動画を楽しみ倒そう。

こんにちはウキウキです。
モトブログという言葉、聞いたことはありますか。
あまり聞いたことがないと思います。

あまりメジャーな世界ではないかもしれませんが
ユーチューブの世界ではひとつのジャンルとして人気もあります。
モトブログの世界を覗いてみてあなたも
まだ行ったことがない道を旅してみませんか。

モトブログとは何かの簡単な紹介をします。

ではモトブログとはどんなものでしょうか?
これは他の記事でも紹介していますが → こちら

一言でいってしまうとアクションカメラを体につけて
バイクを運転中にライダーの視点からで撮影したビデオを
YouTubeで公開している動画のことです。

これは私が独断で言っているだけで、本当の定義などあるのかは知りません。
まだ始まってから年数もそれほど経っていないと思います

しかしモトブログを始める人は年々増え続けています。
まだ始めようとしている人も多く存在しているようで
やはりモトブログを楽しむフアンも増え続けているからだと思います

私が見始めた頃にはそれほどフアンも一部のマニアや
自分でも二輪車に乗っているような人が多かったと思います

今はかなりのフアンを集めている人たちもまだ駆け出しで
中々愉快な動画が沢山ありました。

今でも続々とモトブローガーさんは増えています。
そんな中、新たに参入してきたモトブロガーさん。
動画の編集技術もかなり高度な方たちもいます
そんな中から自分のお気に入りのモトブログを発見するのも
楽しみの一つになるかも分かりませんね。

モトブログを楽しみましょう

ではどのようにモトブログを楽しめばいいのか
前章でも書きましたが、新たに参入してきたモトブロガーさんを発見する。

モトブログが注目されてきた当時に比べて
最近始めてきた人たちは、撮影の技術や動画の構成にしても
かなりレベルの高い人たちが多くなってきたと思います。

ですからどんなモトブログでも、それなりに工夫されていて楽しめると思います。
もしあなた自身がバイクに乗っているライダーなら
動画を見ているだけでも十分に楽しめるのではありませんか。

何と言ってもモトブロガーさんたちは全国津々浦々にわたって活躍しています。
自分がまだ行ったことのない景色の中を、自分が走っている気分になれます。

もちろんバイクに乗っていない人にだって、十分に楽しめる動画です。
あなたがまだ見たことのない峠道や、くねくねと蛇行して続く山道など
自分が操作している気分でモトブロガーさんと一緒に走りましょう。
自然の中、風になった爽快感を味わってください。

もしかしたらあなたも、自分自身でこんな道を走りたくなるかもしれませんね。
これを機会に、二輪免許の取得を考えてみても良いんじゃないでしょうか。

あなたの世界は確実に広がりますよ。
そしてあなたもモトブロガーの世界に足を踏み入れてはどうでしょうか。

モトブロガーは世界中で活動しています

モトブログの世界は、もちろん日本だけのものではありません。
ですから外国のモトブログを見るのも、もちろんおすすめです。
モトブログは言葉など分からなくとも少しも面白さは変わりません

日本とは全く違った世界観で、沢山の動画もアップされています。
海外の道路状況の中で走っている感覚はまた違った発見もあるでしょう。

言葉なんて分からなくても、その世界観に入り込み非日常的な体験が臨場感を持って楽しめます。
例えばカルフォルニアの、広い高速道路を走しっている感覚は日本ではとても堪能することなどできません。

それがいとも簡単に体験できてしまうのだから、もう楽しむほかはないと思いますよ。
もちろんカルフォルニアばかりではなく、広大なオーストラリアであったりドイツのアウトバーン。

もしあなたが旅行に行ったとしても、とても味わえないことだと思います。
そんな体験を自宅にいながら簡単に味わうことが出来てしまいます。

また海外に住んでいる日本の方もモトブログを楽しんでいる人だっています。
自分が住んでいる地方の、美しい街並みや観光地をモトブログで紹介してくれています。

もちろん日本の方なので日本語で話されています。
バイクで案内してくれるモトブログは充分すぎるほどの観光案内です。

誰でも行ける観光地とは違い、おそらく一生行くことがないであろう。
そんな場所にもに案内してくれるはずです。

関連記事
■ モトブログ?バイク動画だからってバカにしないで。一度見たら病み付きになる。
■ 65歳で普通二輪免許を取る!!高齢者でも本当に取れるものなのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください