アンソニー・ホプキンス「世界最速のインディアン」バイク好きにはたまらない。

こんにちは、ゆきおです。

バイク好きでなくたって文句なしに楽しめる映画です。

主人公はニュージーランドで暮らす、バイク大好きジイチャン。

そんなジイチャンがアメリカの、ユタ州ボンヌヴィルという塩湖の干上がって出来た平原。

そこで行われている記録会にたどり着くというお話です。

いくつになっても夢見ることは大切

この映画はニュージーランドの片田舎から記録会の会場にたどり着くまでの
途中で出会った人々との交流で
私たちに心をほのぼのとした気持ちにさせてくれるロードムービーです。

主演は『羊たちの沈黙』『ハンニバル』のレクター博士を演じていたアンソニー・ホプキンス。
この映画を見たあと、このジイチャンが大好きになっていること請け合いです。

主人公のバート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、
ニュージーランドの田舎町で暮らしているバイク大好きジイチャン。

毎日、朝早くから起きだし愛車の「インディアン」の改造に明け暮れていました。
そんなバートの行動を変人扱いして、周りの住民の目は冷たいものでした。

それでも隣りに住む少年トムは、彼を慕っていてバートの家に出入りしていました。
そんな折バートの誕生会で、地元の暴走族からスピードをかけた決闘を申し込まれ対決することになリます。

対決は砂浜で行われますがバートのバイクのスピードが出すぎる故に
小回りがきかず負けてしまいます。

しかしそんなある日、病院で狭心症の宣告を受けることになります。
そして医者からはバイクに乗ることを禁止されてしまう。

それを聞かされたバートは一大決心をし、たその日のうちに退院してしまいます。
そして銀行に足を運びバートの家を担保に借金を申し込みます。

目的はもちろんバートが参加することを夢見ていた、
アメリカのボンヌヴィルで行われるバイクの記録会。


バートは「インディアン」とともにアメリカのボンヌヴィルで行われるバイクの記録会に参加することを決意
借金は彼の長年の夢だった、渡米を実現させる第一歩だったのでした。

出発を前にした日、隣家から苦情のあった伸び放題にされた庭の雑草。
その処分ために灯油をまいて雑草を燃やしてしまうという
全く空気を読まないバート流のやり方で処分して旅立ちます。


途中で対立していた暴走族が選別を持って現れます。
少なからず暴走族の若者たちにも共感していた
バートに対する尊敬の気持ちの表れではなかったのでしょうか。

見たい映画が見つかるかもしれません今なら無料トライアルちゅうです。
  👇
日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

良き時代のアメリカが伝わってくる


アメリカに渡ったバートには旅を続けていく上で様々な出会いがあります。
ある時はモーテルの受付嬢である黒人のゲイと

彼らを蔑視してしまいがちな時代背景でしたが
バートにとってはなんの偏見もありません。

そんなバートに肩入れしてしまうアメリカ人のおおらかさが
見ているこちらにも伝わり
ほのぼのとした暖かさに包まれてしまいます。

そして目的のヌヴィルで行われるバイクの記録会に到着します。
しかし参加資格がないと拒否されてしてしまいます。

ここにもバートに共感するアメリカ人がいて
彼らが何とかバートを参加できるようにと画策するわけです。

参加出来たバートの「インディアン」は
記録会に来ていた他の最新鋭のマシンに比べかなり見劣りします。
それがまた周囲の人の共感を呼び応援したくなってしまうから不思議です。

だから映画の中でみんなバートに共感して一生懸命になのが分かる気がします。
基本的にこの映画には悪人が全く出て来ません。
おとぎ話のような映画ですが、事実に基づいている映画なので嘘くささはありません。

夢は実現できるかもしれない


アクション映画のように派手なシーンやSF映画のスケール感はありませんが
見ていて心が豊かになった気持ちにさせてもらえます。

私のようにシニアになってもまだ、夢を持って挑戦しているなら
いつか実現で出来てしまうという希望を抱かせてくれる映画です。

私はアマゾンでDVDを買って見ました。
もちろんレンタルショップにも置いてあると思います。

ぜひ一度、あなたもご覧になってアクション映画とはまた別の爽快感を味わってください。
ここで出てくる「インディアン」とは1920年製のオートバイ、「インディアン・スカウト」のことです。

関連記事
■ 65歳で普通二輪免許を取る!!高齢者でも本当に取れるものなのか。
■ 二輪免許をとるのに遅いなんてことはない(65歳からのバイクライフ)
■ 北陸ロングツーリング(65歳からのバイクライフ)
■ 65歳からのバイクライフ、バイクにカメラをのせて走行動画を作ってみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください