高速道路を使わずに下道ドライブ。時間は気にせず渋滞も楽しんでしまおう。

こんにちはユキオです。
最近旅行にいってきました。

車の旅なので、高速道路を使えばわけなく目的地に着きます。
あなただって、遠出をする時には高速道路を使いますよね。

でも今回は、すべて下道で行くことにしました。

道の駅を利用して下道の旅を満喫しよう

スポンサーリンク


高速道路では味わえない旅を

何故、下道で行こうかと思い立ったのか。
別に高速料金が高いから、というわけではありません。

ゆったりとした旅を、楽しもうということで下道を選びました。
特に今回は、目的地で観光めぐりをする、といったような旅ではありません。

目的地の温泉にでも入り、のんびりしようというのが主な目的です。
あなたも目的が観光ではなく、休養といった旅なら一度下道を走ってみたらどうでしょう。

そこには色々と、新しい発見があるかも知れませんよ。
高速道路では、ほとんどフェンスで覆われてしまい、周りの景色などあまり楽しむこと出来ませんよね。

その点下道では、道路にフェンスなどほとんど設置されているところはありません。
四季折々の景色が、パノラマのように目の前に広がっています。

スポンサーリンク


下道のデメリットもメリットに変えてしまおう

ただし下道を使っていく場合、当然デメリットはあります。
一番のデメリットといえば、やはり渋滞。
渋滞に巻き込まれる恐れが大きいということでしょう。

そのため予定通りに目的地につかない。
また長時間の移動となってしまいます。

もともと下道を選んだときから、そんなことは覚悟の上のこと。
渋滞の起きる場所は下道の場合、地方都市の中心部が多いと思います。

でしたら渋滞の起きる道には、コンビニとかファミレスなどいっぱい有りますよね。
そんなときには、思い切って車からおりて休憩してしまいましょう。
そう、リフレッシュしてしまうのです。

こんなことは観光地に急ぐ旅では出来ないことです。
一度気分転換をすれば、その後の渋滞もさほどイライラしないで済むのではありませんか。

どうせならデメリットも、メリットにしてしまったほうが楽しくていいではありませんか。
渋滞も楽しんでしまいましょう。
と言ってもやはり楽しくはないですか。

スポンサーリンク


下道を走る楽しみは道の駅

しかし渋滞に巻こまれたとしても、それにまさるメリットは有ると思いますよ。
もちろん美しすぎる景色もそうです。

季節によっては、窓から入ってくる新鮮な空気を頬に受けながら。
これは高速道路では絶対に無理ですよね。
高速で走る車の窓など開けてしまったら、騒音や強風でたまりません。

それに景色の良いところを見つけたら、車をちょっと道端に止める。
そして、充分自然を堪能する。
こんなことも高速道路では絶対無理なことですよね。

最近は地方の幹線道路を走っていると、かなり道の駅が出来ています。
道の駅は、その地方独特の工夫も凝らされている所が多いです。
下道を走ったからこその、ご褒美のような空間です。

もちろん高速道路には、サービスエリアやパーキングエリアもあります。
しかしそれらの駐車場は、たいてい混雑していています。
あまりゆったりと出来る空間ではないように感じてしまいます。

私も利用しとき、なにか慌ただしくトイレ休憩をするだけ。
すぐに出発してしまうことが多いです。

道の駅は地元の自治体や、それに近いところが運営していることが多いようです。
決して充実している施設ではないかも知れません。

しかしアットホームな感じで、ゆっくりと寛ぐことは出来ると思います。
温泉地に近い道の駅などでは、温泉が併設されていたり足湯なんかある所があります。

下道で道の駅を目的とした旅も考えられるかも知れませんね。
目的地までの道の駅をすべて訪ねて行く旅、良いかも知れませんね。

■ 道の駅公式ホームページ

スポンサーリンク


ゆったりとした旅を楽しもう

高速道路を使わない旅といっていますが、それは戸口から目的地までということ。
あなたが都心に住んでいるのなら、何も最初から渋滞している下道を走る必要はありません。

いくら下道を走るといっても、少なくとも郊外に出るまでは専用道路を走ったほうがいい場合もあります。

目的はゆったりとした旅です。
始めから都心の渋滞に巻き込もれ、イライラしたのではせっかくの旅もぶち壊しになってしまいます。

あくまでも気持ちに余裕を持って旅を続けましょう。
郊外に抜けるまでは自動車専用道路でショートカット。

郊外に抜けてから、下道に降りてゆったりとした旅を楽しみましょう。

スポンサーリンク


関連記事

■ お遍路ってどんなもの?
■ グーグルマップで、ミステリーツーリング。
■ グーグルマップではじめての長距離ツーリング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください