介護保険のこともそろそろ考えないと、体験してわかった手続きの煩雑さ

介護保険は今も保険料を払っているから
そんなものあったなという程度には知っています。

しかしその中身についてはあまり知リませんでした。

しかし私も障害があれば、介護保険は利用できるはずです。
では介護保険は何歳から使えるか知っていますか?

介護保険て何歳から使えるの?

介護保険制度を利用できる年齢。
それは「65歳以上」と定められているそうです。

介護保険料をきちんと納めていれば、
65歳になったとき「介護保険証」が郵送されて来ます。

私にも介護保険証なるものが来ているはずです。
しかし来ていたことなど忘れていました。

自分が健康であると思っている人なら。
介護保険が何歳から利用できるかなど
普段は考えてはいませんよね。

何処か不具合が出てからはじめて。
介護保険のことを調べるのが普通だと思います。

また公的機関にしてももあまり丁寧に
説明されているようには感じられません。

介護保険制度があって
実際利用するにしても

余程の高齢者か
いくら65歳から使えると言っても

どの程度の障害があれば使えるのか
こちらが申請をしてはじめて利用できるわけです。

ですので、ある程度のガイドラインが
明快になっていなければ利用しやすいものとは言えません。

穿った見方をすれば
なるべく使われないようにと目立つことのないようにしている。
そんなんふうに勘ぐられても仕方がないですね。

では介護保険はなぜある

介護保険制度は、高齢化社会進み。
介護を必要とする高齢者が増え続け。

一方では介護期間の長期化などで
介護に対する需要が増え続けています。

核家族化は進み、介護する方もされる方も高齢になり。
家族で支えていくことが困難になってきました。

そこで高齢者の介護を社会全体で取り組もうと言う趣旨で
創設されたものです。

たしかに昔は大家族で老人から赤ちゃんまで
一つの家族として暮らしていたようにも思います。

しかし高齢化が進みつつある今、家族間で介護をしていては
老老介護となってしまい共倒れの危険と隣り合わせです。

今までの慣習などから介護は家族でみるものと。
安易に頼ることが出来ず。

自分の判断で介護保険を申請しても
いいのだろうかとなやんだすえ。

まだまだ頑張れるから
辞めておこうなどと申請を見送ったあげく
介護度を上げてしまう結果にさえなりかねません。

また申請する際にも手続きが煩雑で
歳を重ねるごとに申請から縁遠くなってしまいます。

ひとり暮らしの高齢者の場合などは民生委員なりいるわけですが
高齢化が進めば高齢者の数はふえます。

民生委員一人あたりの%は上がるわけですから
手厚いフォローは期待できなくなります。

今回私が体験した顛末をお話します。

私の母親92歳が急患で救急病院に運ばれたとき
たまたま医師の一言から介護保険の申請について考えました。

このときまで私の母は介護保険の申請など
一度も考えずに一人暮らしをしていました。

たしかに見た目は普通に生活しているので
どこにも障害があるとは見えません。

本人も自分は元気で暮らしていると思っていました。
しかし実際には足がもう弱っていて
少しの風が吹いてもよろけてしまい、歩きづらくなっていました。

また定期的に通院している病院にも
誰かが付き添わないと行くことも困難でした。

それでも介護保険は利用していませんでした。
利用できると考えていなかったからです。

母ももう少し早くから介護保険を利用して
リハビリをしていたら。

こんなに悪化もせず今でも一人で歩けていたかもと思うと
悔やまれて仕方がありません。

介護申請もなかなか自分では判断しづらいと思います。
この制度は国が主体となっているのではありません。

住民とも身近な市町村が実施実施主体(保険者)になっています。
近くに出先機関でもあれば訪ねてみてもどうですか。

参考に介護保険申請の流れを

1.市町村の担当にまず相談する

2.要介護認定の申請・・・・本人または家族が申請

3.主治医の意見書・・・・・定期的に通院していたのでそこで

4.訪問調査   ・・・・・ケアマネージャーさんが調査に世間話程度

5.認定結果の通知・・・・・私の場合一月ほど待ちました

6.要介護か要支援の認定

また決定する前から介護施設なり支援施設を調べておけば
スムーズに施設の利用も出来ます。

ケアマネージャーさんにでも問い合わせれば
パンフレット等用意してもらえる。

一度行政に問い合わせれば近くの介護事務所を紹介してもらえます。
相談しておけば介護申請をというときに判断の材料になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください