ヨガ教室体験記。男性でもやって大丈夫なのか心配でした。

太極拳を始めるつもりがヨガ教室に

市民講座にヨガ教室があったのは前々から知っていました。
もともとヨガ教室には、私はそれほど興味が会ったわけではありませんでした。

むしろ太極拳教室の方を受講しようと考えていたところでした。
講座の申込みをするにはまだ期間もかなりあったので
太極拳申込開始と同時に電話連絡をするつもりでいました。

しかし突然ぎっくり腰になってしまったのです。
これでは太極拳を申し込むことは出来ない。

私は脊椎管狭窄症と言う持病を抱えています。
ですので一度ぎっくり腰をやると、
どの程度続いてしまうのか、おおよそは分かっています。

多分太極拳教室は無理であろうと判断しました。

ヨガは腰痛にも効果があるのかもしれない

そこで目にしていたのがヨガ教室です。
もしかしたらヨガは腰痛にもいいのではないか?

いろいろ調べていくとどうやらヨガは腰痛にも良いらしいということが分かりました。

それでは太極拳の代わりにヨガ教室に通ってみようと思ったわけです。
ただしヨガというと女性特有のものと考えてしまいます。
果たして私のように男性の受講者はいるのか心配になりました。

さっそく市役所に問い合わせをしてみると、たしかに男性の受講者は少ないが数名はいるという回答でした。

私としても、もし受講してみて男性が私一人ということなら、とても居心地の良いものとは言えませんよね。

とりあえず申込みだけには行ってみようと思いました。
しかし市役所で聞いた話では、ヨガ教室はとても人気のある教室であるそうです。

また申込みは抽選ではなく、申し込みの順番で定員になった時点で締め切るそうです。
そして当日は申込みの整理券を配っているといいます。

私はたかを括って、申し込み当日ではなくても参加することは出来ると思っていました。
しかし市役所の話で私は不安になり、当日整理券配布の30分前に会場に行ってみました。

到着したときには整理券配布の部屋はすでに満員。
私はかろうじて整理番号63番。
定員が65名だったのでギリギリセーフ。

しかし私の後から会場に来た人は確か一人しかいなかったようでした。
しかしその日のうちには定員は当然埋まってしまったようでした。

ヨガ教室を申し込む

そこで整理券を求めてきた人の男女比ですが、定員65名に対して男性5名ほど。
まあ男性もいることが確認できたので当日申し込むことにしました。

講座は3ヶ月間で12回。参加費は6000円。
これが高いのか安いのかは私には判断できません。
私みたいな初心者が始めるには妥当な参加料だと思いました。

当日申し込みに行った時にはまだ、腰痛は完治してはいませんでした。
開始が2週間ほど先なので見切り発車したわけです。

それでは実際に講座が始まってからのことを少しお話します
ヨガ教室に入って分かったことは、特に初心者を相手にしているわけではありませんでした。

案内文には初心者大歓迎と記載されていたので
私が初心者の教室と勘違いして申し込んだけです。

実際教室に参加してみてたしかに初心者らしき人もいました。
大半は多少なりヨガを体験したことがある人ばかりでした。

私としてはヨガの基本というものを一から教えてくれる。
そんなものだと思っていたので若干期待が外れました。
要するに手取り足取り、教えてもらえるものとして申し込んだわけです。

それでも実際ヨガをはじめて分かったのは、初心者でも経験者でも始めてしまえば
自分のレベルに合った動作をすればいいわけです。

ですから初心者だからというくくりは、あまり関係がなかったわけです。
もっともヨガの何たるかは、別に本でもネットでも調べればいいわけですからね。
そんな基礎知識はヨガ教室には必要なかったようです。

ここのヨガ教室は、実際の動きやポーズを通して、みんなで実践していくスタイルです。
ですから初心者も上級者も同じポーズを取る。
ただし初心者の場合は上手くポーズが決まらないだけです。

もちろん私なんかは体が固くなってしまっていますので
前屈にしてもストレッチにしても、柔軟性がないのでほとんどポーズなんて取れません。

それでも自分で無理のしない程度の動きで結構ですと
講師の方が行ってくれるので、初心者の私も続けていけます。

私の参加している教室は一回90分のコースです。
他の教室のことは分かりませんが、始めに自分の体に合掌して挨拶。
そのあと、体の隅々まで丁寧に一つ一つ無理することなく
レベルに合わせからだを動かしていきます。

体も充分温まった所で簡単なポーズを幾つか入れて
最後に少し休憩しながら瞑想して終了となります。
その人のレベルごと、充分に味わえるものなのだと思います。

ヨガで必要なものは?

またヨガに必要な道具ですが、ここのヨガ教室ではヨガマットは用意されています。
ですので自分で用意しなければならないのは汗を拭くタオルに水分補給用の飲み物。

そのほかヨガ教室に参加するために必要なものは特にありません。

また服装は動きやすいものなら何でも大丈夫です。
ただし汗をかくのでそれなりの服装で。
私は上はポロシャツで、下が昔体操着で使っていたペラペラのジャージを履いて参加しています。

自治体のヨガ教室に参加するのであれば、特にレベルを気にすることなく参加しても大丈夫だと思います。
多分何処のヨガ教室でも男性は何人か参加していることでしょう。
男性での大丈夫ですよ。

私のぎっくり腰ですが、最初の教室のときは少し不安でしたがその後は快方に向かいました。
考えているより行動したほうが、何故かうまく行ってしまうようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください