シニアの副業におすすめ、在宅でも出来る仕事とは?

こんにちは、ユキオです。

年金ぐらしになるとお小遣いも現役時代とは違い。

かなり節約を強いられることなります。

しかし、これから働くと言ってもすぐに仕事は見つかりません。

今さらハローワークに行って求職するなんてちょっと面倒くさいですよね。

ちょっと発想を変えて、自宅で出来る仕事を探してみませんか。

副業で稼げる仕事にどんなものがあるの

あなたが資格を持っているなら、資格でかせぐことが出来ます。
しかし、在宅でとなるといろいろ制約が出てきてしまいますね。

副業で稼げるなんて資格は、あまり思いつきません。
在宅で資格を活かすとなると本業になってしまいそうです。

むしろ資格というよりは、技能を活かすといったものが、在宅には向いているのではありませんか。
デザイナーとかイラストレーター、記事の校正などは在宅でも可能な仕事です。

しかしこれらの仕事は今までの人脈とか技術が無ければ難しいですね。
誰でも出来るといった仕事ではありません。

では株式やFXで稼ぐというのはどうでしょうか。
何年も前になりますが、主婦がFXで莫大な利益を出し、脱税容疑で検挙された事件がありました。
そんな夢みたいな話に、FXに飛びついた人もいたのではありませんか。

確かにこの主婦のように、利益を出すことも可能なのでしょうが、またリスクも負わなければなりません。

まして株やFXを行うためには、ある程度の資金がなければ始めることが出来ません。
株やFXを副業として考えるのは、リスクが大きすぎるますよね。

モニターで稼ぐ方法もあります。
仕事の内容はアンケートへの回答や、化粧品の体験、商品やサービスのチェックなどモニターをする仕事です。

一般のアルバイトとは少し異なり、ポイントサイトに登録後アンケートに答えてポイントや謝礼金をもらいます。
スマホやパソコンさえあれば誰でも登録できます。

モニターは、日々の生活のなかでも自分で働く時間帯を選びやすいので、自分の余暇を有効利用できるかもしれませんね。

また特技や趣味でも稼ぐことは出来ます。
資格でも書きましたが、デザインやイラストが描ければ、それは収入に結びつけることも可能です。

クラウドワークスに登録しておけば、仕事の斡旋を受けることが出来ます。
ただしある程度のスキルは必要になると思います。

他にも文章とか写真でも登録できるのではないでしょうか。
一度クラウドワークスのサイトを覗いて、どんな仕事があるのか確認しておくと良いと思います。

あなたにも出来る仕事が見つかるかもしれませんよ。
そしてネットビジネスで稼ぐという方法もあります。

スポンサーリンク


ネットビジネスの種類

ネットビジネスといっても馴染みのない人も多いと思います。
どこか胡散臭そうで、あまりいいイメージを持っていないのではありませんか。

ネットビジネスは、パソコンやスマホを使い、インターネットを利用して収入を得ているビジネスです。
収入を得る方法は普通のビジネスと少しも変わりません。

ただ取引にインターネとを使うことが、違うといえば言えるかもしれませんね。
通常のビジネスと一番の違いは、時間や場所にしばられないで取引が出来るということです。

ではネットビジネスとはどんな仕事があるのか具体的なものをいくつか紹介してみます。

ネットオークション

自分が使用して不要になったものや、買ったけど使わなかったものなどを、インターネット上のオークションを利用して買い取ってもらう方法です。
「Yahooオークション」などがあります。

転売・せどり

転売・せどりはオークションと似ていますが、新品や中古の商品をを仕入れてきて、インターネットを利用して販売することです。
自分が設定した値段で転売するのでその差額が利益になります。

ネットショップ

オンライン上の店舗ですので、商品を持っていれば実際の店舗がなくても商売が出きます。
ただ在庫を抱えることになるので、倉庫など保管のための費用や商品発送などの費用がかかります。
商品が売れない場合は、不良在庫などのリスクを負うこともあります。

アフィリエイト

インターネット上のブログやSNS,メールマガジンなどで商品を紹介。
その商品が売れると販売元から紹介料や宣伝料をもらい収入を得る方法です。

ユーチューバー

ユーチューブに動画を投稿して、動画の再生回数で広告収入を得る方法です。
近頃では、子供達がやりたい仕事の上位に入るほどの人気の職業として話題になりましたよね。

その他にもインターネットを利用したビジネスは、投資やFXなどいろいろあります。
ですが比較的リスクや技能などを必要としないものを選んでみました。

副業でおすすめのネットビジネスはこれ?

在宅で出来る副業もいろいろありますが、おすすめしたいのはブログの運営です。
ブログがどうして副業になるのか、ちょっと理解できないかもしれませんね。

ブログなんて日記みたいなものだから、なぜ収益が出るのか仕組みがわからない。
そんな疑問は、当然浮かんでくると思います。

しかし、自分のブログに多くの読者を集めることは、収益につながることになるのです。
ネットビジネスでも紹介したように、ブログに読者を集めると、アフィリエイトというビジネスにつなげることが出来ます。

アフィリエイトというと、詐欺まがいと連想してしまうかもしれません。
でも少し考えてみてください。

アマゾンや楽天を見て、詐欺という人はいないと思います。
アマゾンも楽天も、アフィリエイトで業績をのばした会社です。

ですからあなたも、アフィリエイトを利用して、副業をする選択肢もあるのではないでしょうか。
アフィリエイトを行うのに費用はほとんど必要ありません

ですから金銭的なリスクがほとんどありません
定年後のシニアや、主婦の方にも参入しやすいのではありませんか。

まずはブログを立ち上げてアフィリエイトを始める準備をしてみましょう。

自分で稼いでしまう

色々資格があってもなかなか仕事に結びつけることは難しいかもしれませんね。
それならいっそのこと、自分で稼いでしまいましょうか。

これから難しい勉強をして資格をとっても、経験がなければ稼ぐのは難しいかもしれませんね。
ここでちょっと考え方を変えて見ましょう。

もし自分の経験を生かして稼げる方法があったらどうしますか。
実はあなたには自分で稼ぐ方法が残っているんです。

それはブログの収益化という考えです。
あなたの経験や趣味を生かしブログに記事を書く
それが収益に結びつくとしたらどうでしょう。

実は私もこのブログ記事から収益を得ています。
私が収入を得ているのはアドセンスという方法です。
つまりブログにある広告がクリックされると報酬が発生する仕組みです。

これはあなたもブログを開設すれば、収益を得られる可能性があるということです。

私の場合は少ない年金で生活するのが大変でした。
シニア向けの資格も、いくつか持っていますが中々就職までには至りませんでした。
結局、収入は年金だけということになりました。

年金だけの生活では、今まで貯蓄していた預金を切り崩して生活するしかありません。
そこで私はブログの収益化を考える事にしました。

基礎的な知識もないままブログを立ち上げて記事を書いていきました。
しかしブログの収益化は、そんなに簡単なものではありませんでした。
全く収益が出ないままでした。

ままではだめと考え、商材を買うことにしました。
ブログアフィリエイトの商材はいくつもはあります。
私もいくつか商材を購入してきました。

それでも収益を上げることができず、商材を買い続けることになりました。
いわゆるノウハウコレクターになるところでした。

そんな時に偶然この商材と出会いました。
他の商材のノウハウと比べても、代金が安かったのであまり期待はしていませんでした。

でもネットではかなり有名な商材で評判は聞いていました。
もちろん評判は良いものばかりではなく、詐欺ではというものまでありました。

私はまた騙されてもいいと思い、藁にもすがる思いでの商材を買うことにしました。
この商材を買った私の感想は一言、もうノウハウを集めなくてもいい
この言葉につきました。

しかし、自分で作業をしなければやはり稼ぐことはできません。
何もしなくても稼がせてくれる商材ではありません。

でも商材で教えてくれることを、順番通り作業していけば収益は後からついてきます。
やっと自分に合った教材と巡り合えました。

私も商材通りに実践して今、年金だけではなく別の収入減を得ることができました。
あなたも自分の力で収益を得たい。

そう考えているのならお勧めできる商材です。
実は私もこちらの教材を使い、トレンドアフィリエイトの仕組みを勉強しました。

【下克上∞(MUGEN)】

関連した記事

■ 生活費が足りないなら副業でネットビジネスを始めてみませんか

サラリーマンにも副業が必要な時代です!
主婦の方だって、すきま時間を活用してお小遣いを稼げますよ。
わたしもこのブログでお小遣いを稼いでいます。

ブログは資金なし、リスクなしで始められるビジネスです
しかしブログで稼ぐには基本が大切です
まだ稼いでない人やこれから始める人は無料でスタート!

わたしも初めはこちらで、無料で基本から始め稼げるようになりました。
今なら特典の無料プレゼントもありリスクなく始められます。

⇒ ⇒ ⇒ 今すぐ無料登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください