整理整頓のコツ、部屋の不用品を捨てるだけ

こんにちは、ウキウキです。

定年を迎え、家で過ごすようになると
いままで気づかなかった不用品が、いろいろと目につくようになりました。

必要ないものを、買ってしまったせいです。
あなたもたくさんの不用品に、囲まれて生活をしていませんんか。

いつまでもそんな消費生活を続けていたら、身動きが取れなくなってしまいますね。
すこし身の回りの整理をしてみましょう。

セカンドライフの第一歩は整理整頓から

いまあなたは、定年を迎え。
これから先のセカンドライフを、実りあるものにしたいと考えているでしょう。

しかしあなたの、身の回りを見渡したとき。
あまりにも、不要な品物で溢れてしまい。
身動きも取れない状態ではありませんか。

あなたのセカンドライフを、豊かに送るためには身の回りを整理整頓。
そしてこれからの先の人生を、充実したものにしていきましょう。

まず整理整頓するまえに、なぜこのように品物が増えてしまったのか少し考えてみる必要があります。
あなたはどんなタイプなのか考えて、少し整理してみましょう。

この片付けられないタイプの人は、大きく分け三つのタイプあります。
一つは何でも仕舞い込んでしまう人

二つ目はあとで片付けようと思ってしまう人
そして、ものを捨てられないタイプの人がいます。
あなたはどのタイプでしょう。

そうなると、あなたのタイプを考えて整理整頓するのが、やはり合理的ではないでしょうか。
仕舞い込むタイプの人は、買ってもすぐに収納することがないようにする。

買ったものは、とりあえず目のつくところに置いておく。
すぐに収納しないことが肝心です。

あとで片付けようと思ってしまう人は、気持ちを切り替えることが一番です。
使おうと思い出している品物でも、一日置いていて使わなければすぐに片付ける。
それを習慣づけることです。

そして、ものを捨てられないタイプの人。
もったいないという気持ちになってしまい、なかなかものが捨てられませんよね。

あるいは最後まで使い切らずに、あとから新しく買い求めてしまう。
その結果、物が増え続けていく。

もったいないという気持ちを捨てると同時に、不用品も捨てましょう。
これからのセカンドライフに向け、一度心も整理整頓することが必要なことです。

スポンサーリンク


整理整頓のコツはあるのか

整理整頓は誰にとっても関心の高い問題のようです。
ですから話題に上がることも多いようですよね。

書店に行っても、整理整頓の本はたくさん見かけます。
一つのコーナーが出来てもおかしくはありません。
それほど関心がある問題なのでしょう。

では整理整頓にコツはあるのでしょうか。
整理整頓と言ってみても、基本は片付けることです。
片付けの基本はやはり捨てることに尽きると思います。

整理整頓と言って、何でも収納して整理する。
これでは不用品でも、収納してしまってしまうことになりますね。
たとえ整頓は出来たとしても、整理されたことにはなっていません。

不用品を整頓して収納する。
見た目が片付いただけで、結局不用品は整理されたわけではありません。
ですから、不用品は処分してしまうのが一番の整理法です。

このときに必要なものと、不要なものの判断が出来ない。
そこであなたも、処分をためらっているのだと思います。

ですから整理整頓のコツとしてもう一つ。
必要なものと不要なものの判断をつける。これも大切なコツだと思います。

あなたの本箱には何冊も本が並んでいると思います。
一度読んだ本でも、また読むかもしれないからと、本棚に収納されているでしょう。

しかし現実には、二度と読まない本が大半ではありませんか。
本も、インテリアとして取っておくなら良いのかもしえません。

しかし実際に読まない本は、ゴミと言ってもいいのではありませんか。
整理整頓のコツは簡単です。
使わないものは捨ててしまう、ただそれだけです。

捨てる作法

不用品を捨てるにしても、捨ててしまっていいものか判断のつかない物もあります。
例えば人形なんて、勝手に不用品として処分してよいものやら判断に困ります。

人形は霊が宿ると言われ、神社などでお祓いをしてから処分していますよね。
人形供養などと、よく話題になることがあります。

そんな折、近くにのリサイクル店に行く機会があり、店内をぶらぶら歩いていました。
なんと雛人形を販売しているではありませんか。
誰かがまたリサイクルで、雛人形を飾ってくれるのでしょう。

それなら人形も、処分されるより喜ぶのにちがいありません。
そこで我が家も処分に困っていた、雛人形ならぬ5月人形を持ち込むことにしました。

買取りといっても、価格などいくらでも構いません。
とにかく、引き取ってくれさえすればありがたいことです。
我が家の五月人形も、無事引き取ってもらえました。
もちろん価格は想像通りでした。

人形はともかく、あなたの家にも不用品がいくらでもあるのではありませんか。
特に読まなくなった本などは、いくらでも買い取りしてもらう方法があります。

あなたの街にも、そういった店舗の一軒くらいはあるのではありませんか。
もしあなたがネットに詳しければ、オークションやフリーマーケットといったものも利用できますね。

不用品も廃品として処分する前に、一度こんなことも選択肢に入れてみたらどうでしょう。
あなたの部屋も見違えるほどスッキリしますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
参考になりましたら幸いです。

関連の記事
■ シニアになったら身の回りも整理整頓。心も体もスッキリ快調
■ シニアになったら写真の整理、こんな方法はどうでしょうか?