シニアになったら身の回りも整理整頓。心も体もスッキリ快調。

引き出しを整理すれば頭の中もスッキリ

いらないものは捨てる

自分の身の回りを見渡すと
結構必要のないもがありませんか?

机の上にも部屋の中も
何のために置いてあるのだかよく分からないものが。

そのうちに必要になるから置いてあると思っていても
結局使用せずに何年もそこにあるなんてものありませんか?

私がサラリーマンだった頃の話

仕事を部下に任せきれず自分でこなしてしまい
結構何でも溜め込んでいました。

あちらこちら手をつけ体調も優れませんでした。
だから当然仕事はうまく行かない。

そればかりか日常生活でもうまく行かず
ますます体調に影響が現れてしまいました。

サラリーマンの持病の十二指腸潰瘍になってしまったのです。
しかし仕事の関係で休養することなど出来ず。
毎日出勤していました。

ある時私の机の引き出しを見た上司にこう言われました。
「引き出しの中少し整理したほうが良いよ。」
「引き出しを見ると体調が悪い原因もわかる。」

わたしの引き出しの中はただ乱雑にものが突っ込んであるだけで、
必要なものあるといつもあちらこちらとかき回し、
必要なものがあっても逆にますます乱雑になっていました。

自分もいつかは整理しようと思っていたのですが、いつも後回し。
次にまた何かを探すことになったら
同じように引き出しの中を引っ掻き回すことになります。

「これでは頭の中が整理されないよ。」
「整理されていないから何をしても上手く行かないのだよ。」
「まず引き出しを整理することだね。」

確かに自分の机を見ると必要のなさそうなものがいっぱい。
これを整理するのかと思うと自分でもうんざりでした。

それでも重い腰を上げ整理整頓することにしました。

整理整頓できた結果は

私の机は驚くほど必要のないものが入っていました。
何の為にとってあるのだか自分でも訳の分からないものが、山のように出てきました。

これでは探したいものなどすぐに見つかる訳がありません。
何のためのファイル、何のためパンフレット。

必要なものというより
ファイルしたまま一度も見直したことがありませんでした。

思い切って処分。
引き出しの中はスッキリ、必要なものも一目瞭然。

考えてみたら自分の頭の中も同じでした。
いらないものがいっぱい詰まっていて、必要な知識はスミに追いやられていました。

今まで必要ないことにばかりに目を奪われていたのですね。
引き出しを整理したついでに頭の中も整理整頓できました。

おかげで体調も回復してきもちも楽になることが出来ました

これは私のサラリーマン時代のことですが、
日常生活の上でも同じではないでしょうか?

家の中に必要ないものを溜め込んでいませんか?
この際思い切って身の回りの整理をしてみましょう。

関連した記事
■ シニアになったら写真の整理、こんな方法はどうでしょうか?
■ 歩き遍路で徳島を巡る。
■ お遍路に行くために、何が必要。持ち物は?体力作りは必要?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください