お遍路ってどんなもの?!歩いてみて分かった遍路のこと。

こんにちはユキオです。

初めてお遍路に行くには、いろいろと分からないことばかり。

私にとっても未知の世界でした。

それでも出かけてしまえば何とかなるものです。

でもこれからお遍路に行くあなたには不安ばかりかもしれませんね。

そこで私の体験が少しでもお役に立てばとまとめてみました。

お遍路に行くための準備

そもそも四国お遍路とは

「お遍路」とは、弘法大師(空海)の 足跡をたどり、
八十八ヶ所の霊場を巡拝すること。

札所の番号順にまわっても
その反対いわゆる逆打ちでも構わない。
特に何処からといった制約はないようです。

平成26年は、四国八十八ヶ所霊場開創1200年の年にあたり
かなりのお遍路さんが札所をおとずれたようでした。
私は翌年に巡拝したのでそれほど多くのお遍路さんとは遭遇しませんでした。

これが良かったのかは、判断の割れるところかも知れないのですが
私としては、なるべく人の少ない時期に
巡拝したかったのでいい時期に行けたと思っています。

お遍路の目的も、健康祈願、自分探しの旅。
開運に縁結びなど人により目的も様々です。

巡拝者がかぶっている菅笠には「同行二人」という文字が書かれており、
弘法大師様と二人で巡礼の道を歩いているというわけです。

またお遍路の巡り方ですがどこから始めてもよく、
一番札所から番号順に巡る
「順打ち」と八十八番から巡礼する「逆打ち」とがあります。

初めて巡る人は大体順打ち。
私が行き会った人はほとんど順打ちの人が多かった気がします。

また一気に回ってしまう通し打ち、
何回かに分けて巡拝する区切り打ちとあり
自分の都合により様々打ち方があります。

私は二回に分けて区切り打ちで巡拝しました。

お遍路に行く時期ですが
一般的には春と秋が最適と言われています。

春は3月~6月、秋は9月~11月。
この時期は気候がいいので、
お遍路の人にとっては暑さや寒さに悩まされることも少なく行動しやすいでしょう。

私は敢えてこの人の多い時期を外し歩きました。

ではどのようにしてお遍路を巡るか?

頭の中に最初に浮かぶのは
歩いて巡る
自動車、バスで巡る。

あとバイクや自転車で巡る。
一番多そうだったのはやはり自動車でした。
あとバスツアーですかね。

大型のバスによるお遍路のツアーは見かけませんでしたが。
小型バスあるいはマイクロバスで
20人から30人位の団体のお遍路さんはよく見かけました。

最も大型バスでは山中にある札所などはかなりキツイし道も狭く危険ですね。

バイクで巡る人も自転車の人も歩いているとそれなりに会いました。
バイクはともかく自転車のお遍路は大変そう。

札所はやはり山の中にあるのが普通ですから
かなり重量のある荷物を積んだ自転車で長い長い坂道を登っていく。
想像してもすごいですよね。

そのせいか香川の最後、88番札所の手前にあるお遍路交流サロン

ここに行くと歩き遍路と自転車遍路の人には
「遍路大使任命書」・「自転車遍路大使任命書」と結願証明が貰えます。

一概にお遍路といっても巡る人の事情に
よりまちまちになると思います。

バスで巡るお遍路はスピーディに、
また快適に札所を巡ることができますし、
毎日10ヶ所近く札所を巡れますので、
日程は2週間程度で巡れます。

歩き遍路に比べると移動時間が短いため、
札所過ごす時間にも余裕があります。

それに比べ歩き遍路は札所間が100㎞近くの場所もあり、
2日以上歩き続けるということがあります。

私の場合全行程、45日程かかりました。
つまり札所に立ち寄る時間は僅かなもので、
殆どの時間は歩いています。

その代わりに歩き遍路は、地元の人とのふれあいや
結願したときの達成感は何より代えがたい体験になります。

ちなみにお接待というお遍路独特の文化に触れ合う機会は
おそらく歩き遍路の特権と言って良いかも知れません。

お遍路の作法

お遍路は弘法大師空海が巡った札所を辿っていく。
と言っても真言宗の信者でなければいけないというルールはありません。

宗派や宗教の枠を超え他の仏教系でも、
キリスト教であってもお遍路をすることができます。

私も遍路宿では度々外国人と同宿しました。
彼らが皆真言宗の宗徒とは考えづらいですよね。

最近では宗教的ものを求めてお遍路をする人より
観光目的で巡る人も少なくないです。

しかしお遍路ですから当然作法はあります。
札所に到着した際、
山門にて一礼する
手水場で手を清め、口をすすぐ
灯明、線香を手向ける
納札を奉納し
本堂、大師堂前で般若心経や真言を読経する

それらが済んでから必要な人は
納経帳に墨守御朱印をいただく。

この御朱印をいただく際に団体のお遍路さんが来ると
添乗員さんがまとめて納経帳を持参し
納経所長時間待たされる恐れがあります。

私の場合集団のお遍路さんが来ても
個人であると分かると先に割り込ませ
御朱印してくれる札所が多かったように感じました。

一度はお遍路に行ってみたい。
そう思っているあなた

通し打で行かなくても阿波一国
さもなければ一泊でも二泊でも体験することをオススメします。

歩いてみると
人生変わるかも知れませんよ。

お遍路の情報はこちらのサイトに移転しました

サラリーマンにも副業が必要な時代です!
主婦の方だって、すきま時間を活用してお小遣いを稼げますよ。
わたしもこのブログでお小遣いを稼いでいます。

ブログは資金なし、リスクなしで始められるビジネスです
しかしブログで稼ぐには基本が大切です
まだ稼いでない人やこれから始める人は無料でスタート!

わたしも初めはこちらで、無料で基本から始め稼げるようになりました。
今なら特典の無料プレゼントもありリスクなく始められます。

⇒ ⇒ ⇒ 今すぐ無料登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください