大日寺から善楽寺まで、歩き遍路も今日で7日目。歩き遍路に行ってみませんか(5)

こんにちはウキウキです。
歩き遍路もいよいよ7日目に入りました。

今日は香南市サイクリングターミナルを出発。
そして28番大日寺で納経。
その後国分寺、善楽寺と納経してから民宿北星に宿泊。

今日最初に行く大日寺は、徳島でも同名のお寺がありました。
国分寺は、これから行く愛媛にも香川にも同名のお寺があります。

同じ名前のお寺があるということは別に珍しいわけではありません。
しかし四国88寺のうち5つもあるのは偶然とはいえ少しびっくりですね。

香南市サイクリングターミナルにて

サイクリングターミナルは、海のやどしおや宿という宿泊施設になっていました。

かなり大きな施設で研修設備やテニスコート。
それに施設の名前通りレンタサイクルが利用できるようです。

しかし私が宿泊したときは平日のシーズンオフ。
そのせいか利用者の姿はありませんでした。

また従業員の姿も支配人さんと食堂のコックさんだけしか見かけませんでした。
確かに利用客より従業員の数が多いのでは経営も成り立ちませんよね。

運営母体はサイクリングターミナルとなっています。
ですから民営ではないのでしょうね。

今まで民宿や旅館に宿泊していて、大きな浴槽に浸かって来ませんでした。
久々に大きな浴槽に手足を伸ばし、ゆったりと湯船に浸かりました。

夕食は大きな食堂でただ一人黙々と食べるだけ。
少しわびしい気持ちになってしまいました。

私が食べ終わると入れ違いで工事関係の人が一人来ました。
彼もわびしく食事をしたのだろうと想像してしまいました。

シーズンオフの観光施設は活気もなく寂しいものですね。
今日は4名宿泊と聞いていましたが全員顔を揃うことはありませでした。

ところで宿についたとき、明日宿泊予定の民宿に連絡したのですが繫がらずやきもきしていました。

しかし宿から逆探知の電話が入り無事予約できました。
そお言えば、お遍路宿は不在のときも多く。
転送電話で携帯につながることがよくありました。

食事を済ませるとやることもなくなり。
明日の予定の確認と荷物を整理。
いつもどおり早めに就寝しました。

どこかで道を間違えたか遍路道を辿れず大日寺へ

サイクリングターミナルから、昨日歩いてきた道を一度国道に戻ることにしました。
遍路道が分からず、そのまま国道を歩いて次の札所に向かいました。

これと並行して歩き遍路道があるはずでした。
しかし遍路道に入ることが出来ず、仕方なくそのまま国道を歩くことにした。

しばらく歩き国道55号線と別れ県道を歩いた先に28番大日寺はありました

大日時は県道沿いにあるわけでなく、気が付かなければ通り過ぎてしまったかも分かりません

たまたま県道沿いに専用駐車場がありそれで気がついたわけです。
道からはお寺の姿は見えません。
駐車場から坂道を少し上がったところにありました。

大日寺では先達さんに率いられた20名ほどのお遍路さんに会いました。
こんもりとした森の中に佇む大日寺で今日はじめての納経を済ませました。

田園風景の中、国分寺、善楽寺へ

続いて次の目的地国分寺に向かいます
しばらく町並みを歩き、また田園風景の広がる道を歩きます。

そのうち県道と合流して物部川を渡りしばらく歩き続けます。
交通量のある県道か国道を横切りるとJR土讃線の踏切がありました。
踏切をを渡りしばらく歩くと今日2つ目の札所国分寺につきます。

途中、国分川沿いに歩き遍路道があったのですが気が付かず通り過ぎてしまいました。

たしか橋を渡ってすぐに遍路道の案内があったはずでした。
たぶん車道から見えた国分寺の看板が目に入ってしまい。
途中の遍路道を見落としてしまったのでしょう。

国分寺は山の中にあるのではなく平地にありました。
長く歩いてきた足にとっては優しいお寺です。

国分寺では団体のお遍路さんはいませんでした。
が何名か、歩き遍路さんと遭遇しました。

納経を済ませしばらく小休止をしたあと、今日最後の札所善楽寺に向かいます。

善楽寺まではおよそ7キロ2時間位は歩くことになるかもしれません。
普段ですと時速4キロから5キロ位で歩いています。
普通に考えれば1時間半もあれば充分すぎるほどです。

しかし実際歩き遍路で札所を回ると自分の思っている時間では着けないことが間々あります。

歩き遍路道の標識を見逃したり道に迷ったり、結構迂回して歩いていることもありました。

善楽寺に行くには正門の前の道をまっすぐ歩いていきます。
遍路道の目印を見つけては田園風景の中を歩き続けます。

途中にあった蒲原のお遍路小屋で最後の休憩を取リました。
もう11月も半ばだというのに、歩いていると暑さがまだこたえます。

しばらく歩き続け県道の土佐街道と合流すると、目的の善楽寺もあとわずか。
善楽寺には遍路地図を頼りに歩き、少し入り組んだ住宅街を抜けた先にありました。

善楽寺は古い建物と新しい建物が混在していました。
今日はじめて誰もいない境内で納経を済ませました。

今日の民宿はアパートだったのかも

あとは今日宿泊する民宿に向かうだけです。
足取りも軽くなりました。
民宿は善楽寺とは目と鼻の距離。

幾分時間も早かったのですが投宿しました。
民宿はレインボー北星という宿です。
どこかアパートのようなたたずまいでした。

通された部屋はやはりアパートそのもの作りです。
バストイレがあり6畳位の部屋が2つふすまで区切られていました。

今日は私ともう一人宿泊者がいるようです。
ふすま一枚隔てた隣の部屋になるようです。

とりあえず洗濯とお風呂だけは先に済ませることに。
共同で使用できるリビングに冷蔵庫があったので冷たい飲み物を買いに行きました。

同宿のお遍路さんも到着して夕食になりました。
夕食は管理人さんの部屋に食べに行く事になります。

管理人さんは私よりいくらか年配の女性でした。
一人で切り盛りしているようでした。

たった一人で経営している姿にふと物悲し気持ちになってしまいました。
これは私が一人旅をずっと続けて来ているいるせいで。
自分の気持ちが投影されてしまったのでしょう。

どちらにしても親切なおばさんでした。
同宿の男性ともども美味しく料理をいただきました。

同宿の男性は千葉県から来たお遍路さんで、
きままに旅をしているらしく、特に急ぎ旅ではないと行っていました。

明日は高知市内に入り少し観光でもしようと考えていたので、
早めに床につくことにしました。

部屋のカーテンを閉めようとしたとき。
民宿の窓からは高知市内の灯りが見えていました。

関連記事
■ 歩き遍路で徳島を巡る。
■ お遍路に行くために、何が必要。持ち物は?体力作りは必要?
■ お遍路ってどんなもの?歩き遍路で分かったこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください