鯖大師を出発いよいよ明日は最御崎寺。歩き遍路に行ってみませんか(2)。

こんにちはウキウキです。
昨年歩いた四国遍路の記録をたどっています。
お四国を歩いて気づいたことや困ったこと。
またこうすれば良かったなどいった反省点。
個人的な見解になりますが何かのお役に立てれば幸いです。

鯖大師では貴重な体験もできた。

鯖大師は宿坊があり、昨日の夕食前にお勤めがありました。
どこの宿坊でも夕食前には、たいていお勤めがあるのが普通です。

私はそれほど宿坊に泊まった経験はありません。
しかし鯖大師のお勤めは迫力がありました。

宿泊者は4名でしたが、勤行の途中護摩を焚いてくれました。
その炎の迫力は凄まじいものでした。

貴重な体験をしたものだと今でも思っています。
鯖大師では宿泊者があると護摩炊きはしてくれるようです

さすがに2ヶ月ぶりになると、また足の痛みに耐える毎日になります。
足のマメもまた復活して歩くとやはり痛くなりました。

しかし歩いていくうちには、マメも固くなり痛みも感じなくなるはずです。
それまでの辛抱、1週間もしないうちに気にもならなくなるはずです。

それでは少し靴について触れたいと思います。
お遍路に来る前は、ジョギングシューズのようなものが軽くていいのではと考えていました。

実際徳島を歩いてみて、ジョギングシューズは適さないことに気づきました。
歩き遍路の道は確かに国道のような舗装道路の割合が大きいです。
それならジョギングシューズでも十分でしょう。

しかし山道もかなりあるので、足拵えはしっかりしたものが必要です。
重い荷物を背負い山道を歩くにはジョギングシューズは不向きです。
おすすめはトレッキングシューズです。

まして雨に降られてしまうと、足元がぐしょぐしょになってしまい、足への負担はかなりなものになります。
季節にもよりますが、四国は結構雨の日が多かったように思います。
できれば雨の染み込まないような、ゴアテックスの靴がおすすめです。

ゴアテックスの靴でも大雨の日は中も濡れてしまいます。
宿についたら中に新聞紙でも詰めて翌日に備えましょう。
遍路宿では雨の日には新聞紙は用意してくれています。

鯖大師を出発、大和旅館に向かう

今日は平坦な道を、ただ次の宿に向かって歩くだけなので気分的にも楽でした。
天気もよく気分的にも気持ちの良い出だしでした。
国道55号線をしばらく歩くと、海沿いに出る遍路道に分かれます。

ところで歩き遍路は、地図ばかりではなく歩き遍路の目印を頼りに歩きます。
歩き遍路道を歩いていると、大きな分かれ道にはたいてい目印があります。
次の札所まで迷うことが無いよう導いてくれます。
目印は電柱やガードレールといった、恒久的に存在するような建造物に貼られています。

歩き遍路でまわる場合は、周囲に気を配って歩きましょう。
一本道のときはそれほど気を配らなくても大丈夫です。

分かれ道の場合、先の道に目印があるか確認しながら進んだほうが安心です。
私の場合目印を見失い、何度も引き返したことがありました。
おかしいと感じたら、少し戻って確認するか人がいたら聞いてみましょう。
四国ではお遍路さんにみな親切です。

遍路道に入ると海岸沿いの道に出ました。
太平洋から昇った朝日はまだ海面すれすれで、なんともさわやかな朝でした。

美しい景色に立ち止まって眺めていると、水戸から来たというお遍路さんが追いついてきました。
昨日会ったばかりのお遍路さんでしたが、お遍路同士すぐに打ち解け合いました。
普段の旅行とは違い仲間意識も強く感じるようです。
カメラで自撮りしていましたが、声をかけてくれ海をバックに一枚。

歩き遍路は歩く速度がたいして変わらないので、同じ顔ぶれの人とよく一緒になります。
私は普段人見知りの方ですが、ここでは知らない人ともけっこう話せます。
お四国がそんな気分にさせてくれるのでしょうか。

しかし歩き遍路はあまり連れだって歩く人は少ないようです。
もっとも同行二人、お大師様とは連れ立って歩いています。

水戸のお遍路さんも先に行きました。
私も後を追うように歩き始めました。

途中旧土佐街道の表示を見て歩き遍路道と思い進みました。
ところが道が崩れていて先が消失していました。
結局国道にもどることになりました。

たぶん歩き遍路道のワッペンなどは貼られていなかったのでしょう。
地図や目配りの不足が招いた事態でした。

徳島県と別れ13時半ころついに高知県に入りました。
県境で逆打ちのお遍路さんと出会いました。
千葉から来たという、まだ若いお遍路さんでした。

話を聞くと一年の大半は、四国にいて歩いているそうです。
お四国に魅せられた一人なのでしょう。

さすがに情報はたくさん持っていました。
私はやっと高知県に入ったばかりでしたので、これから先の情報は貴重です。
遍路地図に仕入れた情報を、いろいろと書きこみました。

これから行く先々の遍路情報、特に宿泊施設の情報は何よりでした。
私はほとんど宿泊施設を利用します。

しかし善根宿の情報など、万が一のためにコピーをもらいました。
彼もボランティアで色々情報を収集しながら歩いているそうです。

これから向かう先にある善根宿も紹介してくれました。
いざというときのために、もちろん遍路地図には書き込みました。

名残はつきませんでしたが、彼と分かれ今日の宿大和旅館にに向かいました。
別れ際彼を見送りましたが、後ろ姿が本当に印象的でした。
いかにも飄々とした後ろ姿は、これから待っているお遍路の行方に勇気をもらったようでした。

大和旅館からお遍路さんに人気の民宿徳増。いよいよ明日は最御崎寺だ。

3日目の朝は早めに宿をでました。
宿の近くに種田山頭火の記念碑があり海水浴場になっています。

景色を眺めていると観光客に声をかけられました。
朝早くお遍路がいたので、夜通し歩いていたのと勘違いされたようでした。
お遍路さんは知らない人から見れば、ストイックに映るのでしょう。

今日も晴れていて気持ちがいい朝です。
室戸岬に向かい海岸沿いの道をひたすら歩いて行くだけ。
至るところ写真を撮るには絶好のスポットが続きます。

あまり良い景色が続くため、逆に撮影のチャンスを逃してしまいました。
デジカメだからどんどん取っていけばよかったと、今になって反省しています。

今日は歩いていてお遍路さんを4,5人見かけました。
9月に比べれば随分と寂しい限りです。

今は11月とはいえ歩いているとかなり暑さを感じます。
やはり水分が欲しくなりますね。
その点国道沿いにはいくらでも自販機があるので安心です。

昼食は国道から少し奥にある佛海庵でとりました。
駐車場の横に簡易トイレがありちょっとした休憩ポイントです。

鯖大師で同宿した関西から来たという女性のお遍路さんと再会しました。
しかしここであったのが最後でしたから、高知あたりで打ち切ったのかもしれません。
鯖大師で一緒だった大阪の男性も、何かの事情で打ち切ったと聞きました。

なかなか最後まで歩き通すのは大変そうですね。
私にしても他人事ではありません。

私も腰に爆弾を抱えているので不安は常にあります。
またお遍路に出る前は胃痛に悩まされていました。
しかしどういうわけか胃痛はピッタリと治まっています。
何か不思議な力で守られている気持ちになりますね。

天気もよくのどかに太平洋を眺めながら歩いていると、鯨の潮吹きでも見えるのではないかとさえ思えます。
それほど海は広く地球の丸みを感じさせてくれます。

こんなに近くに鯨が現れるはずはありませんが、姿が見えそうな気がして仕方がありませんでした。
もちろん一度も鯨の姿は見ることはありませんでした。

民宿徳増はそんな海が一望できるロケーションです。
到着してから夕食前に明日泊まる宿の予約をしました。

予定では金剛頂寺の宿坊に泊まろうと、電話をしたのですが担当者が不在。
翌朝に電話を入れてほしいと言われてしまいました。
ですが宿は今日中に決めておきたいものです。

仕方なく金剛頂寺のふもとの民宿を予約しました。
多分、翌朝でも予約はできたはずです。
私の取り越し苦労で民宿に決めてしまいました。
いよいよ明日は土佐ではじめての札所、最御崎寺に向かいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回は土佐で最初の札所、最御崎寺からになります。
引き続きお読みいただけたら幸いです。

続きは
24番札所最御崎寺から金剛頂寺まで

関連記事
■ 歩き遍路で徳島を巡る。
■ お遍路に行くために、何が必要。持ち物は?体力作りは必要?
■ お遍路ってどんなもの?歩き遍路で分かったこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください