メルカリ、ヤフオクの違いを比較!アマゾンやミンネとの違いは?

最近フリマアプリと言う名前をよく聞きます。

今まではフリーマーケットといえば、オークションが主流でした。

そんな時、彗星のごとく登場したのがメルカリのようなフリマアプリでした。

オークションとフリマアプリが違うのは、即決で買い物できるかどうかです。

フリマアプリの場合は、提示されている値段で買うことを決めたらすぐに買えます。

普通の買い物と同じような感覚ですよね。

それがネット上で、個人間の取引でも利用出来るというものです。

関連記事:メルカリで売れるもの、売れないものはどんなもの?

メルカリの特徴とは

 

いままでオークションに出す場合ですと、出品手続きが少しめんどうでした。
しかしメルカリを代表とするフリマアプリは、スマホ限定だったこともあり、出品のやり方がオークションよりも簡単でした。

またフリマアプリは使いやすいので、10代、20代を中心にあっという間に広がりを見せていきました。
ヤフオクしか経験のない人であれば、あまりの手軽さに驚いたことでしょう。

つまりメルカリとは、ネット上での個人間によるフリーマーケットです。
どちらかと言えば、10代から30代までの女性のユーザーが多いようです。

メルカリは誰でも、スマホ、タブレット、パソコンから簡単に、そのうえ手数料も無料で出品することができます。
商品が売れたときだけ、売上金から差し引きで、メルカリに出品料を払えばいいだけです。

取引は送った商品が、相手に届いて受取の連絡をもらい、入金されて取引終了です。
商品の購入前に問い合わせや値段交渉など、いろいろやり取りを行い。
双方納得して、初めて購入に至ることが、メルカリの大きな特徴です。

最近はシニア層の方も、少なからず利用されるようになりました。
あなたも昔買った物の処分を考えているなら、ぜひ一度利用してみる価値はあると思いますよ。

👉 メルカリはこちらから

ヤフオク、 Amazon、minnne(ミンネ)それぞれの違いは

 

 


ヤフオクではオークション形式を導入しているために、出品形式の違いが出ます。

ニッチな商品であっても、その商品を欲しいと思っているユーザーが複数いた場合。
自動的に価格がつり上がっていく、そんなシステムが導入されています。

そうなるとコレクター商品や、コアなファンが多いような商品ジャンルを扱う場合は、ヤフオクを利用した方が、高値で売れる可能性があるということです。

特に値上がりが期待される商品がある場合には、オークション形式のヤフオクがお勧めということになりますね。

今でもヤフオクの中心は、オークション形式です。
しかしヤフオクでも、メルカリに対抗してか、フリマアプリとしてのサービスも始めたようです。
おかげで以前よりも出品が、し易く使い勝手が良くなっているようです。

フリマアプリの知名度でいうと、ヤフオクはオークションの代名詞のように使われてきました。
しかし今はメルカリと同じぐらい、ヤフオクの知名度も上がってきたかもしれません。

minnne(ミンネ)

ハンドメイド作品に特化したminneも、人気があり、利用者が増えています。
ジャンルが特化している分、ターゲットも絞られていて、売りやすいようですね。

もし何かハンドメイドの分野で、得意なものがあれば出品してみてはいかがでしょうか。
ミンネでよく売れているのはアクセサリーや、洋服、家具、食品です。

逆にあまり売れていないものは、ぬいぐるみ、人形、ベビー用品などです。
しか逆にいえば、メルカリでは売れる物の仲間になります。

Amazon

Amazonは幅広い年代のユーザーが利用しています。
どちらかといえば、シニアの男性ユーザーが多く利用するサイトとして知られています。
ほぼやり取りもないまま、購買に進んでしまうのがAmazonの特徴です。

売りたい物の中に本があれば、まずアマゾンで検索してみましょう。
需要のある本が見つかり価格を見て納得できたら出品してみましょう。

出品する本についての説明文は、すでにアマゾンの方で掲載されています。
ですからあなたは本について、コメントのみを書いて出品するだけでOKですよ。

本以外にもキャラクター商品から、家電まで様々な商品が掲載されています。
根気よく価格を調べてみると面白いですね。

👉 ヤフオク  Amazon  ミンネ

以上違いをまとめてみました。

メルカリは女性向けのアパレルや、子供向けの商品、最近ではハンドメイド商品なども売れ行きが好調です。

ヤフオクはニッチな市場の商品や、複数の人がオークションに参加することで価格が上がるという形式です。

Amazonに関しては、様々な商品がまんべんなく売れるという形になります。
値段を気にしないシニア層が求める商品がたくさんあることも特徴ですね。

一方でハンドメイドの商品は、よほどのことがない限り売れないようです。
個人でハンドメイドの商品を売ろうとするには、かなりのクオリティーと特徴が要求されてしまいますよね。

メルカリ、ヤフオク、ミンネ、アマゾン、それぞれのサイトに集まるユーザー層には違いがあります。
ですから当然売れる商品の傾向は違ってきます。

もし利用する場合は、ユーザー層と傾向。
何が求められているのを、しっかりとリサーチしてみることは必要になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください