放送大学で学ぶ。学び直したいと思ったら迷わずに入学、勉強したいもの必ず見つかりますよ。

スポンサーリンク



こんにちはウキウキです。

高齢者の学びについて考えてみます。
例えば放送大学に入って勉強してみる。
結構同年代の人が学んでいますよ。
面接授業に出ると友達も出来るかもしれませんね。

勉強しておけばよかったなんて考えたことはありませんか?

この歳なってみて、あのときもっと勉強しておけば良かった
なんて思ったことありませんか?

いまさら後悔していたって仕方がありません。
思い立ったらすぐに実行しましょう。

考えているうちに面倒くさくなってやめてしまうかも知れませんよ。
見切り発車でも思い切って実行してしまったほうが良いと思います。

あなたが何を勉強したいかと具体的に思っているのなら
とりあえず始めてしまいましょう。
そうすれば結構続いていくのではないでしょうか。

それでは放送大学で勉強してみませんか

ただ漠然と何かを勉強したいなと思ったのなら
放送大学で勉強してみるという方法もあります。

もちろん正規の大学ですから設備は整っていますし
内容も充実しています。

ステレオタイプな言い方ですが
ボケ予防にもなるかも知れないですね。

放送大学で学ぶ良いところは放送授業ということだと思います。

たしかに時間に束縛せれるというデメリットもあます。

しかしカリキュラムに沿って決まった時間から始まり
毎回授業を受けなければいけないので、継続して学ぶことが出来ます。

これがもし活字媒体の講座だとすると
自分の都合で好きなときに学べるというメリットは有りますが

反面いつでも出来るという時間的制約がないので
一度気持ちが緩んでしまえば先延ばしにしてしまい

講座がドンドン溜まってしまいます。
その結果辞めてしまうという最悪の事態になる恐れもあります。

放送授業であれば決まった時間にしか視聴出来ないので
紙媒体の授業よりは継続して学べていけると思います。

もちろん放送授業なので視聴できないことも有ると思います
そのために放送大学の学習センターに行けば視聴できる設備があります。

いくら放送授業と言っても学ぶ意志の持ち方で
続けていけないことになるかも知れません。

それはどういう形態の授業でも同じことだと思います。

また放送授業のほうが紙媒体も授業より
映像授業もあり、目からも耳からも情報が入って
より理解しやすい授業になると思います。

放送大学のカリキュラムですが
内容は多岐多様で本当に初歩的な授業から

本格的な授業までありどのような人にも、
興味あるカリキュラムが用意されていると思います。

また科目の履修は一科目からも選べ
各地の学習センターも利用することが出来ます。

自宅学習だけでなく面接授業も有ります

もちろん放送授業が主体ですが面接授業と言って
各地の学習センターの教室で、多彩な内容の授業を受けることも出来ます。

面接授業は予め申し込んで、受けなければなりません
申し込めば、各地何処の学習センターでも受けることが出来るはずです。

これは私の妄想だと思ってください
たとえばあなたが大阪に住んでいたとします。

そこで千葉の学習センターに受けたい授業があったとすれば
何泊か宿泊して授業を受け

ついでにディズニーランドで楽しんでから帰る
そんなことも出来るかなと考えてしまいました。

また放送大学の図書館ですが
蔵書の数が半端なく多いです。

私が学んでいた科目に限っては公立の図書館など
全く太刀打ちできるレベルではありませんでした。

もちろん閲覧室はいつでも開放しているわけですから
放送大学の学生でいる限りいつでも利用できます。

放送大学が試験の時期でもない限り
座席が混雑していた記憶は私が在籍していた期間ありませんでした。

放送大学も正規の大学ですから
履修した科目の試験は当然あります。

このときは各地自分の登録した学習センターで
試験を受ける必要があります。

もちろん基準点以下では単位は貰えません。

私は単位がもらいたくて放送大学に入学したわけではありません
しかし試験で不合格にはなりたくありませんでした。

当然履修を目指して勉強しました
ですから履修した内容も、多少は身についたのでないかと思います。

これは面接授業などで学習センターに行ったときの感想ですが

放送大学で学んでいる学生の年代層ですが
私が見た限りでは圧倒的に年代は上の世代。

定年前後から上の人がかなり多く見受けられました。
また学内のサークル活動もその世代の人たちが活発に活動しているようでした。

もちろん若い世代の人もいます。
しかし学習センターでは年代の高い層が主流のように感じました。

私も年代が近いせいでそのように感じてしまったのかも知れませんね。

放送大学に入学するのには

では簡単に放送大学の入学の案内をしてみます

まず初めに大学案内パンフレットや
「授業科目案内」「学生募集要項」を取り寄せます。

資料請求は大学案内パンフレットをダウンロードする。
オープンキャンパス(大学説明会)に行くか学習センターに行き貰ってくる。

次に学ぶ学生の種類を決める
卒業を目指し、最長10年間在学できる「全科履修生」
1年間在学できる「選科履修生」または
半年間在学できる「科目履修生」の2つから選びます。

「選科履修生、科目履修生」は
出願票と顔写真以外は必要な書類はいりません。

「全科履修生」の場合は
出願票と顔写真のほかに、大学入学資格を証明する書類が必要なります。

その他、詳細は「学生募集要項」をご確認してください。
そして出願する。

■ 放送大学ホームページ

まとめ

私は一年間放送大学で選科履修生として学びました。

しかしせっかく面接授業も取っていたのですから
新しい友達でも作つくり見聞を広める。

そして色々挑戦して行くこともが
若さを保っていくには、大切なことだったかも知れませんね。

その意味では、もう少し積極的に
サークルにも参加をして
見聞を広めていかなかったことを今は反省しています。

こんな記事も一緒にどうぞ
■ 哲学って意味不明、分かりやすく考えてみたが。
■ 知っているようで知らない法律のこと
■ 高齢者の生涯学習に中学英語なんてだめですか

スポンサーリンク


サラリーマンにも副業が必要な時代です!
主婦の方だって、すきま時間を活用してお小遣いを稼げますよ。
わたしもこのブログでお小遣いを稼いでいます。

ブログは資金なし、リスクなしで始められるビジネスです
しかしブログで稼ぐには基本が大切です
まだ稼いでない人やこれから始める人は無料でスタート!

わたしも初めはこちらで、無料で基本から始め稼げるようになりました。
今なら特典の無料プレゼントもありリスクなく始められます。

⇒ ⇒ ⇒ 今すぐ無料登録する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください