趣味探しに、自分の街のガイドブック作りで歩いてみよう

近所の道も歩いたことがないところなんていっぱいある

 

 

こんにちはウキウキです。

 

この間近所を散歩していたら、まだ歩いたことのない道がいっぱい有ることに気づきました。

ほんとうに自宅からすぐそこといったところなんです。

 

普段からなにも用事がなければ、知らない道は歩きませんよね。

私だって子供みたいにアチラコチラ探検はしません。

だれだって知らない道など、わざわざ歩くことはしませんよね。

 

しかし散歩で、一度も歩いたことのない道を初めて歩いてみました。

初めて歩いた道では、ろいろいろと発見がありました。

 

もちろん発見などと行っても大げさなものではありません。

きれいに手入れのされた庭が有る家とか。

 

自宅を開放して子どもたちに本を貸し出している家など、

歩いてみなければ発見できなかったことがたくさんありました。

 

私が暮らしている住宅地の中にも美術館があったりするんですよ。

 

近くの名所旧跡を尋ねる

 

 

いっそのこと少し足を伸ばして見ましょう。

近くに有る神社とか古いお寺など由来を訪ねて歩いてみるのはどうですか。

 

私など無信心なので初詣にも行ったことがありません。

ですから近くに有る神社など一度も行ったことがありません。

誰を祀っている神社で、どんな由来が有るのかとんと不案内です。

 

無信心なのは相変わらずですが、昨年お遍路に行きました。

毎日あれだけのお寺を回ったのです。

 

やはり神仏に対する見方も多少の変化があったようです。

街中にお地蔵さんでもあれば、以前なら通り過ぎていました。

 

最近では立ち止まって会釈くらいするようになってきました。

同じように神社の前を通っても、あまり関心がなく覗くこともなかったです。

 

でもこれからは私も、由来を訪ねて神社回りをしようと思っています。

 

散歩の途中に見つけた神社もありましたが、立ち寄ったことはありません。

せっかく見つけた神社ですから、そのあたりから由来でも訪ねてみようと思います。

 

地図を見てみると神社って、結構あちらこちらに散らばってあります。

もちろんまだ行ったことがないので、名前すらの知らない神社も有るようです。

 

行ってみても由来など書かれて有るか分かりません。

とりあえず私の住んでいる街の神社は、全て制覇してやる。

それくらいのつもりで歩こうと思います。

 

せっかく歩くのだからカメラを持って行きましょう。

近くの関連施設や変わったものなども見つかれば写しましょう。

 

そんなものを収めて資料集なんか作ってみるのも面白いかも知れませんね。

 

自治体の施設を利用してみるのもあり

 

 

あなたの街の自治体にはいろいろな施設が有るのを知っていますか?

もちろん図書館などは誰でも知っていますよね。

 

私が住んでいる街では図書館の他、いろいろなスポーツ施設があります。

それらのスポーツ施設は個人でも利用できるので体力維持には欠かせない施設です。

 

もちろんテニスや卓球と言った施設は個人で出来る。

と言っても相手がいなければ使いようもありません。

 

温水プールなどは一年中使えるので運動不足の解消には手頃な施設ですよね。

地元の自治体になくても、温水プールなどは近隣を探せば結構有るものです。

 

私の街もそうですが近隣の自治体にもスポーツセンターはありませんか。

そこに有るトレーニングジムは、安い料金で体力づくりが出来ます。

 

もちろんトレーナーさんも常時待機しているので、体力づくりの相談にも万全ですよね。

街のトレーニングジムは、通うのにはなかなか大変だと思います。

 

スポーツセンターは会員制などではありません。

もし自分に向いていないと分かればいつでもやめることが出来ます。

 

ですので同じジムを使うにしても、敷居はずっと下がるのではありませんか。

 

また散策にもふさわしい公園も、探してみれば有るのではありませんか?

野球場などを備えて総合公園よようなものから、自然そのままの公園。

 

また自然と調和したような公園まで、あなたの街には有るかも知れません。

せっかく近くに有る施設や公園、一度探検して遊んでみましょう。

 

自分だけのガイドブック

 

 

こんな身近な施設をカメラに収めたりして、施設ごとにまとめてみませんか。

あなただけのガイドブックが出来上がります。

 

もちろん自治体の施設をまとめたものではありませんよ。

 

散歩ではじめて歩いた道や、由来を訪ねた神社仏閣など。

あなたが歩いた全ても場所が、ガイドブックのおすすめポイントになるわけです。

 

なんか楽しいと思いませんか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。